2017年3月24日金曜日

Etsu(E-YUME RECORD) 『KIRAKIRA DAYS VOL.2』『GOOD DAY SUNSHINE』

EtsuEtsu

 スライダーの会十三宮顕代表)は、千葉出身の音楽家「Etsu(E-YUME RECORD)」様を支援させて頂いております。このたび私達は、提携企画の第一弾として制作チーム「HIDAMARI」に参画し、
  1. 2016年渋谷ライブ『KIRAKIRA DAYS VOL.2』DVD
  2. 2017年世田谷下北沢ライブ『GOOD DAY SUNSHINE』ポスター・フライヤー
の作成に携わりました!会長の私(顕)はラブライバー(笑)ですが、実際に3次元のミュージシャンに協力させて頂くという、大変有意義にして光栄なる経験を賜る事ができました。この記事を御覧の皆様も是非、彼女の今後を応援して下されば幸いです^^



Etsu

Etsu

2017年3月9日木曜日

『TESTAMENT』第1話「童話」キャラ紹介




TESTAMENT Dear my Devil
第1話「童話 Marchen
登場人物紹介
二十年前、人類は「世界の終わり」を観た…。



Planet Blue kaleidoscope


 地域紛争や天変地異が頻発する現代を舞台に、都下のクレーターを訪れる人々が紡ぐ物語。今をただ楽しむ軍閥少女、天下の行く末を憂う愛国学生、それら全てを静かに見つめる冷血教師。彼女らと歩んだその先に、どんな世界が映るのか?

 数百万人の犠牲者を出した悪夢の独裁国家、日本人民共和国の崩壊から20年。核戦争の危機は去り、太平洋における冷戦の象徴だった決戦兵器「イザナミ」も、前世紀の遺物として人々の記憶から消えつつあった。しかし、降り注ぐ小惑星の破片によって荒廃した日本列島では、米中露など各国の支援を受けた諸軍閥が、戦国時代さながらの内戦に明け暮れていた。関東平野では、全国統一を目指す日本帝国東京政府と、人民共和国の農政官僚だった星川軍閥が、抗争と和睦を繰り返していた。

 星川家の長女である星川結(ゆい)は、人の命が駒の如く扱われる世界に耐えられず、軍閥の後継ぎを拒否して教会の養子となっていた。彼女の新たな学校は、20年前に隕石が落ちた禍津日原(まがつひはら)というクレーターにあり、そこで大牧実葉(みのは)というミステリアスな教員に出会う。授業でレポート提出を課された結は、大牧の提案に従い、先輩の泰邦清子(きよこ)らと共に禍津日原の地域研究を行う。そこで明らかになるのは…。


2017年2月23日木曜日

ちがくぶ!

コミPo!

 実話を元にした、文化祭を控えた学校の理科サークルで繰り広げられる日常。

 理系教科の中で、最も人気が低く履修者が少ない科目がある。そう、「地学」である。地質・地形・火山・地震・海洋・陸水・気象・天文といった分野を扱うこの学問は、教養はもとより私達の生活と密接に関係しているにもかかわらず、大学受験科目として取り上げられる事は殆どない。まして、地学を研究している学校の部活など全国に数えるほどしかなく、あるとしても「科学部」「天文部」である場合が大半だろう。

 東京渋谷のとある場所に立地する七宝院学園は、そんな「地学部」が過疎ながら存在する珍しい学校である。変人奇人だらけの地学部は今日も平和だったが、彼女らにとって数少ない活躍の機会である学園祭が迫り、さすがに気合を入れて準備に取り組んでいる。

2017年2月22日水曜日

Planet Blue macrocosm

青珠りせ

 第二次大戦に破れた日本国は、ロシアと組んだ革新勢力による敗戦革命で転覆され、共産主義政権「日本人民共和国」が成立した。過酷な独裁体制のもと、弾圧や飢餓によって数百万人以上の人々が命を奪われたと言われる。しかし、小惑星衝突という惑星史上の大災害が人類文明を襲い、壊滅的打撃の中で冷戦構造は崩壊。日本人民共和国も内外の自由主義勢力によって倒され、数多の軍閥国家が割拠する内戦時代に突入した。こうした情況の中で関東平野も、アメリカと同盟する東京の「日本帝国」と、中共に支援された埼玉の「日本民主共和国」(星川軍閥)に分断され、列強大国の権益争いに巻き込まれて統一を果たせぬまま、我が国は21世紀を迎える。

 未曾有の天災に翻弄される人間、彼らの原罪が生み出した悪夢の殺戮兵器。謀略が謀略を呼ぶ乱世、度重なる戦争とテロリズム。神話が現実となった時代、新世界に跋扈する「超人」達の影。この世の終わりを乗り越えて、慟哭する受難を耐え忍び、運命に立ち向かう預言を託された日。

 激動する地球世界…ユーラシア大陸東端の弧状列島に生を受けた私達は、いかなる未来を切り開くのか?その鍵は、あの隕石が舞い降りたクレーターにあった。

 世紀末の、その先へと向かう戦記物語。取り戻せ!誇りある祖国を、失われた自由を。20世紀の戦争と革命がもたらした悲しみに、終止符を打て!

2017年1月31日火曜日

白川左兵衛

「殻の身に実を求める者」

 星川前橋旅団新田中隊(日本民主共和国軍関東師団)士官、後に軍閥の一人。「ただの器」と呼ばれるほど凡庸な人材で、軍に志願する積極的な動機もなかったのだが、星川共和国上杉橄欖の政権顧問たる林鵬の推挙もあり、前橋旅団新田中隊に編成され、世良田興家の与力。

2016年12月31日土曜日

一条能恒

 相模神奈川)県令・旅団長、国司「相模守」とも称す。藤原氏北家・鎌倉一条家の末裔とされるが、摂関家とは無縁。

2016年12月30日金曜日

高坂左京

 日本帝国東京政府の公務員、及び神田軍閥の実力者。初名は高坂辰介(たつのすけ)、官位は左京職(さきょうしき)。